四国高松の奥座敷 国民保養温泉地 塩江温泉郷 香川県高松市塩江町 高松市中央商工会青年部塩江支部のウェブサイトへようこそ!
ゲンジボタルの保護活動と塩江温泉郷の観光・イベント情報発信サイト『いぃ しおのえ!』 高松市中央商工会青年部・塩江支部のウェブサイトへようこそ!

塩江温泉・ホタル 高松市中央商工会青年部塩江支部 http://e-shionoe.dreamblog.jp/
2009年08月11日
ホタル養殖施設:ホタル乱舞願って 改修完了、児童が幼虫放す(毎日新聞)

毎日.jp(毎日新聞社) 2009/08/09 地方版より記事引用
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090809ddlk37040422000c.html

ホタル養殖施設:ホタル乱舞願って 改修完了、児童が幼虫放す 高松・塩江/香川

豊かな自然に囲まれ、夏にはゲンジボタルが飛び交う高松市塩江町で「ホタル養殖施設」の改修工事が終わり、8日、記念式典があった。地元の市立塩江小学校の児童がゲンジボタルの幼虫を放すなどして祝った。

施設は、地元でホタルの保護活動に取り組む「塩江温知会」が90年に内場ダム堤防下に長さ約50メートルの養殖用水路を3本作ったのが始まり。数年前から管理・運営を任されている市中央商工会青年部塩江支部(藤本誠二支部長)が、07年5月から先月にかけ、水路を1本にまとめてネットで覆ったり、水槽やプレハブの管理棟を設けるなど、改修を施してきた。総工費の約250万円は地域の人たちの寄付などでまかなった。

式典には約80人が出席。安全祈願の神事の後、児童約20人が約1000匹の幼虫を水路に放した。藤本支部長は「放した幼虫は来年の初夏には成虫になる。その成虫が産んだ幼虫を町内の川に放して、もっともっと数を増やしたい」と話した。【松田学】

[関連リンク] 毎日新聞社 http://mainichi.jp/
---------------------------------------------------------------
※ホタルが生息可能な自然環境は、私たち人間にとっても、安定し優れた環境です!貴重な環境資源である川をみんなの手で守りましょう!