四国高松の奥座敷 国民保養温泉地 塩江温泉郷 香川県高松市塩江町 高松市中央商工会青年部塩江支部のウェブサイトへようこそ!
ゲンジボタルの保護活動と塩江温泉郷の観光・イベント情報発信サイト『いぃ しおのえ!』 高松市中央商工会青年部・塩江支部のウェブサイトへようこそ!

塩江温泉・ホタル 高松市中央商工会青年部塩江支部 http://e-shionoe.dreamblog.jp/
2007年04月01日
高松市中央商工会青年部塩江支部の歩み
【沿革】
●昭和53年3月/塩江町商工会青年部創立総会(初代部長:蓮井正明氏)
●昭和54年6月/第1回通常総会開催
●昭和54年8月/塩江温泉まつり復活
●昭和54年10月/塩江町電話帳作成、配布 [昭和58年・昭和61年・平成元年・平成6年・平成10年・平成14年・平成21年]
●昭和56年4月/さくら苗木植樹記念事業実施
●昭和57年6月/第1回塩江ホタルまつり開催[〜以降、毎年開催]
●昭和63年12月/青年部創立10周年記念式典、記念事業・イルミネーションツリー点灯式実施
●平成元年6月/身障者ホタル鑑賞会開催 [以降、毎年開催]
●平成2年11月/塩江ホタルまつり10周年記念事業・塩江町ホタルイメージキャラクター全国公募実施
●平成9年3月/道の駅しおのえオープン、有限会社湯遊しおのえ(第3セクター)設立
●平成11年3月/青年部創立20周年記念式典、記念事業・野外パネル時計寄贈(道の駅しおのえ トイレ棟)実施
●平成13年6月/塩江ホタルまつり20周年記念事業・ストリートミュージシャンコンテスト開催[第20回(平成13年)〜第23回(平成16年)、計4回開催]
●平成17年9月/平成の大合併により、塩江町が高松市と合併
●平成18年6月/ホタルの出前イベント開催(サンポート高松) [平成20年・平成21年開催]
●平成19年3月/香川町・高松市山田・香南町商工会青年部との合併に伴い、28年間にわたる長い歴史に幕を閉じる

平成19年4月/高松市中央商工会青年部塩江支部として新たにスタート(初代支部長:藤本誠二氏)、現在に至る

【旧・塩江町商工会青年部 歴代青年部長】
[初代] 蓮井 正明(第1期〜第8期、期間:昭和53年3月〜昭和62年4月)
[第2代] 赤松 孝明(第9期〜第10期、昭和62年4月〜平成元年4月)
[第3代] 藤澤 英治(第11期〜第12期、平成元年4月〜平成3年4月)  
[第4代] 竹内 康登(第13期〜第14期、平成3年4月〜平成5年4月)
[第5代] 須田 明佳(第15期〜第16期、平成5年4月〜平成7年4月)
[第6代] 佐々木 隆彦(第17期〜第18期、平成7年4月〜平成9年4月)
[第7代] 塚田 和幸(第19期〜第20期、平成9年4月〜平成11年4月)
[第8代] 尾野 宏樹(第21期〜第22期、平成11年4月〜平成13年4月)
[第9代] 黒川 哲也(第23期〜第27期、平成13年4月〜平成18年4月)
[第10代] 藤本 誠二(第28期、平成18年4月〜平成19年3月)

【高松市中央商工会青年部塩江支部 歴代支部長】
[初代] 藤本 誠二(第1期〜第2期、平成19年4月〜平成23年4月)
[第2代] 松岡 耕一郎(第3期〜、平成23年4月〜)